キャプチャーボードの特徴と選び方

ゲーム

こんにちは。ココマルです。

  • ゲーム配信に興味あるけど、キャプチャーボードの種類がありすぎて何を買ったらいいのか分からない!
  • 内蔵と外付けどっちがいいの?
  • エンコード方式って何?
  • パススルーって何?

というあなたのために、今日はキャプチャーボードの特徴と選び方について書きます。

内蔵か外付けか

キャプチャーボードには、内蔵と外付けの2種類あります。

Elgato Game Capture HD60 Pro

内蔵はデスクトップPCにしか組み込むことができないので、PCを分解して取り付ける必要があります。

Elgato Game Capture HD60 S

外付けは、デスクトップPC、ノートPC、どちらでもUSBに接続するだけで簡単に使えます。ノートPCとキャプチャーボードを一緒に持ち運べば、外出先でも配信することができます。

エンコード方式

パソコンのスペックに自信がないならハードウェアエンコードがオススメです。

キャプチャーボードには、

  • ソフトウェアエンコード
  • ハードウェアエンコード

という2種類のエンコード方式があります。

それぞれの特徴を表でまとめてみました。

[table id=3 /]

通常、キャプチャーボードを使用する時は、図のようにゲーム映像を2つの画面に映します。

ソフトウェアエンコードの場合、ゲーミングPCのような高スペックが要求されますが、映像の遅延はほんの僅かです。高スペックなPCでは安定した配信ができますが、低スペックのPCでは映像がカクカクするなどの不安定な配信になります。

ハードウェアエンコードの場合、多少PCのスペックが低くても使えますが、パススルー機能がないと映像の遅延が発生します。ハードウェアエンコードのキャプチャーボードを買う場合は、パススルー機能が付いているものを選びましょう。

  • PCが高スペックの場合は、ソフトウェアエンコード
  • PCのスペックに自信がない場合は、ハードウェアエンコード

のキャプチャーボードを買うことをオススメします。

パススルー機能は必要!

パススルーは、遅延をなくす機能です。

パススルー機能がない場合、少し遅延が発生するため、コントローラーの操作に少し遅れて、テレビの映像に反映します。

先ほどの表の中で、「ハードウェアエンコードは遅延が大きい」という表示していましたが、パススルー機能が付いていれば、テレビへの遅延は全くありません。

したがって、パススルー機能が付いている物を選びましょう。

解像度とフレームレート

Nintendo SwitchやPS4の解像度は、1920ピクセル×1080ピクセル(横1920個×縦1080個の小さな点が並んでいるイメージ)で、フルHDになります。縦の1080をとって、「1080p」と表される事が多いです。

ちなみに、PS4ProやPS5の解像度は、3840ピクセル×2160ピクセルで、4Kと呼ばれています。これも縦の2160をとって、「2160p」と表されます。

フレームレートは、1秒間に画像が切り替わるコマ数です。この表現で伝わるかは分かりませんが、パラパラ漫画が1秒間に切り替わる回数っていうイメージです。

Nintendo Switch、PS4、PS4Proは、60fpsで1秒間に60回画像が切り替わります。

PS5は120fpsで1秒間に120回切り替わるので、より滑らかに動くようです。

自分の持っているゲーム機の解像度やフレームレートよりも、キャプチャーボードの解像度やフレームレートが下回っていると、解像度やフレームレートが低下します。または、画面に出力できない可能性もあります。

Nintendo SwitchやPS4の場合、フルHD1080p、60fpsに対応しているキャプチャーボードを選べば、そのままの映像で配信できます。

各メーカーの高価格帯の商品が4Kに対応しているという印象です。

しかし、4K対応と書いてあるからといって、必ずしも4Kで配信できるという訳ではありません。4K対応の製品の場合は、次の点を確認しましょう。

  • 入力の解像度(ゲーム機からキャプチャーボードに入ってくる解像度)
  • 出力の解像度(キャプチャーボードからプレイ画面に送られてくる解像度)
  • キャプチャーの解像度(動画・配信用の解像度)

入力・出力が4K、キャプチャーがフルHDの場合、自分がプレイする画面は4Kでプレイできますが、録画・配信映像はフルHDに低下します。

入力・出力・キャプチャーが全て4Kに対応している製品であれば、プレイ画面、録画・配信映像は全て4Kになります。

以上がキャプチャーボードの特徴になります。

別記事でキャプチャーボードのオススメ機種を紹介する予定です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました